土壌の中には様々な微生物が存在しますが、その役割によって大きく3つに分けられます。

ひとつはよい働きをする微生物群(以下便宜上善玉菌と呼ぶ)、ひとつは植物傷病などの原因となる悪害微生物群(以下便宜上悪玉菌と呼ぶ)、もうひとつはどちらでもなく、いいことも悪いこともしない日和見微生物群(以下日和見菌)です。

これらの3群の微生物たちが2:6:2の比率で存在するとき、土の中のバランスが良くも悪くもない状態になっているといわれます。

意外に何もしない日和見菌の割合の多さに驚かれたのではないでしょうか。

実際は何もしていないわけではないのですが、農作物等の生育に関わる部分ではあまり大きな効果を確認されていないというだけで、特にこれといった害も益もないのでどっちつかずという意味で日和見としており、これに類するものは非常に多くあります。

話は戻ります。この2:6:2という割合は、天秤が釣り合っている良くも悪くもない状態の時のことであり、自然状態ではこの割合になっていることはほとんどありません。

常に善玉菌か、悪玉菌のどちらかが多い状態になっていることが殆どです。

わずかでもどちらかが多いような状況・・・というのは土壌の世界においては非常に大きな変化を産みます。どちらかがわずかでも多い場合、日和見微生物は多い方に味方してしまうからです。

仮に善玉:日和見:悪玉=1.9:6:2.1の状態があったとすると、その土壌は実際には善玉:悪玉=1.9:8.1という状態となり、悪玉菌による植物傷病現象が非常に起こりやすい状態になっています。

逆に善玉:日和見:悪玉=2.05:6:1.95の状態があった場合には、事実上、善玉:悪玉=8.05:1.95の状態になっているといえます。ほんの僅か、それこそたった0.05の差なのですが、この差のおかげで植物傷病をほとんど発生させないようにしている篤農家(よく研究をしている生産者)がたくさんいらっしゃいます。いわゆる農家の知恵というのはこういうところを指して言うのでしょう。

よく農家の経験など一朝一夕には得られないといわれますが、実はこれらの現象は科学的論拠に基づけば誰でも再現が可能になる技術であったりするのです。

もちろん善玉菌の数が多ければ多い程、日和見菌の力を借りなくても様々な改善効果を期待できると考えられるわけですが、世の中にはそんなに簡単に善玉菌を増やす方法がたくさんあるわけではありません。

ですから、ほんの僅かでも善玉菌の比率を多くするよう心がけ、連鎖的に日和見菌の力も借りて多くの土壌問題を解決することができる技術は、農家の間でも秘中の秘とされてきたのです。

この土壌中のパワーバランスを整える力を「拮抗作用」といいますが、そもそも拮抗作用を生じさせるためには土壌中に微生物群が潤沢に存在するというのが前提です。

土壌中には微生物はもともと存在するから、微生物を土壌に入れるのには意味がないという博士や識者がいらっしゃいますが、現在の日本の農地土壌中には、日和見菌や悪玉菌はいても、善玉菌がほとんどいないということが現実にあります。

せっかく園芸や家庭菜園をはじめようと志したのに、あまりにも病気が頻発し、収穫が惨めだったので、家庭菜園は難しいものだ/もう止めてしまおうと思い込んでしまう人がいるのは残念なことです。

自然界の理屈をきちんと学んで理解すれば、そうそう失敗することはありません。

土のパワーバランスは重要な指標。これのコントロールの仕方を知ることは、悩んだ時の強力な解決策となります。